トップ  > お役立ち制度  > 自立支援医療について

自立支援医療について

【自立支援医療について】
自立支援医療制度とは(以前は通院医療費公費負担制度32条)を呼ばれていた制度で2006年4月1日から自立支援医療と名称と法体系が変わりました。
精神疾患の治療のため病院や診療所に通院する際にかかった費用の自己負担分を公費で負担する制度です。この制度が適応されれば、かかった医療費の90%が医療保険と公費でまかなわれ、自己負担は10%となります。 適応範囲は精神疾患の治療のための治療費と薬代金(内科疾患は適応外です)、またデイケア、訪問看護などです。
対症の疾患は1:統合失調症 2:中毒性精神病 3:知的障害 4:精神病質 5:その他の精神疾患を有するもの です。 当院で診断書は発行しますが、適応・不適応の審査は審査会議の医師が決めます。症状が軽度であったり、短期間の治療期間の場合不適応になる場合もあります。 

適応病院:申請した病院の受診のみ、薬局は2ヶ所登録が出来ます。 
有効期限:1年間(診断書は2年ごとに必要→継続時に再度審査があり受理されたら継続されます) 

詳細は以下、厚生労働省のサイトからご確認ください。
ご自身が自立支援医療(精神通院医療)の対象になるかどうかについてはクリニックでお尋ねください。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/3_05_01med.html


 

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733