トップ  > 睡眠薬を減らす取り組みについて

睡眠薬を減らす取り組みについて

現在当院で【慢性不眠症患者を対象としたベンゾジアゼピン系及び非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の減量・休薬に対するメラトニン受容体作動薬併用の有効性及び安全性に関するプラセボ(対照二重盲検比較多施設共同研究】を行っております。
簡単に言うと
現在飲んでいる睡眠薬を減らす研究!!
現在の睡眠薬の主流はベンゾジアゼピン系及び非ベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが 
新しい睡眠薬ラメルテオン(商品名 ロゼレム)へ置き換える研究。

このはラメルテオン(商品名 ロゼレム)は
メラトニン受容体作動薬の新しいお薬です。
ロゼレムは体内時計のリズムを整えてくいる、メラトニンという
ホルモンに働きかけて、睡眠を促すお薬です。
メラトニンは生理的に変動している物質で夜間に増加、明け方に
減少していきます。
中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害のある方には効果があると言われています。

ラメルテオン(商品名 ロゼレム)のメカニズムは2つありあます。
脳の機能を低下させる・自然な眠気を強くします 
お薬の依存の問題がないと言われており精神科専門医の中で推奨されてきているお薬です。

研究には参加された方は初回と最終回にクオカード5000円お渡し致します。
(通院にかかる治療費は必要です、計5回受診が必要です)

現在2種類以上の睡眠薬を服用していて、それを減らしたいと思っている方
(​慢性不眠症で半年以上睡眠薬を服用してる方、期間中睡眠日誌を書いて下さる方、興味があれば当院までご相談下さい)
プラセオと実薬のどちらかに割り当てられる対照二重盲検比較研究なので確実にロゼレムを服用したいと思っている方は参加出来ません。
※うつ病や双極性障害(躁うつ病)の方で不眠症も伴っている人は参加可能ですが、パニック障害や社会不安障害、統合失調症の方は参加出来ません。過去や現在ロゼレムを服用している方も参加出来ません。

お問い合わせメール 




 

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733