トップ  > 病院長ブログ  > メジャーメント・ベイスド・ケア(MBC)に基づいた治療 Measurement-Based Care

メジャーメント・ベイスド・ケア(MBC)に基づいた治療 Measurement-Based Care

エビデンス・ベイスド・ケア(Evidence・Based・Care)=科学的根拠に基づくケアとは
多くの先人の医療者が、基礎研究や臨床研究の莫大な積み重ねを元に、
科学的根拠にした治療のことです。 

それを元に、当院では
メジャーメント・ベイスド・ケア(Measurement・Based・Care) MBC
を勧めています。

1:メジャーメント・ベイスド・ケア(Measurement・Based・Care) MBCとは・・・

こころの症状もスコアリング化することで、治療のビフォーアフターを記録に残し、
本人へ振り返り、治療の効果の指針などに利用することです。 
いわゆる こころの症状の見える化 です。
『測定に元づく治療』と訳されることが多い医療アプローチです。

MBCを使用して治療を進めた方が、
何もせず進めた方より有効な結果が出たとの論文もあります。

 

また、治療のゴールの設定も漫然と治療するのでなく、
ある一定期間安定期が持続すれば服薬減量から服薬終了と目標を立てるのに役立ちます。 

The Jurnal of Clinical Psychiatory  から うつ病性障害に対する測定に基づくケアの有効性: ランダム化対照試験の系統的レビューとメタアナリシス 公開日: 2021 年 9 月 28 日

うつ病性障害の人の治療でMBCと比較群での奏効率に有意差は見られなかった。
しかしMBCは寛解率が有意に高く、エンドポイントの重症度が低いと関連していた。
服薬アドヒアランスが向上した。とMBCの有用性に言及しています。

American Journal of Psychiatryから 大うつ病に対する測定ベースのケアと標準ケア: 盲検評価者によるランダム化対照試験 公開日:2015年8月28日

大うつ病の治療においてMBCを用いた治療とそうでない治療で寛解および寛解までの時間を比較した、MBCを用いた方が寛解していた、また寛解までの時間も短かった、またHAM-D スコアもMBCを用いた群が有意に減少した。とMBCの有用性に言及しています。

 

日本の文献では

1:精神科領域におけるMeasurement・Based・Careの重要性と実践 内田裕之 臨床精神医学 52(10) 1143-1146 2023 

2:気分障害患者の抑うつ症状・躁症状・副作用に関する評価尺度の有用性とその活用 渡邊雅子 松本泰幸 坪井貴嗣 臨床精神医学 52(10) 1169-1176 2023 

3:気分障害における認知機能評価の有用性と臨床応用 菅原裕子 堀輝 臨床精神医学 52(10) 1177-1183 2023

4:気分障害の評価尺度ーQOL・パーソナルリカバリーー 加藤正樹 越川陽介 臨床精神医学 52(10) 1185-1194 2023

以上 参考になる文献です(著作権のため詳細はアップできず、申し訳ありません) 

 

当院では、これまでも、またこれからも
メジャーメント・ベイスド・ケア(Measurement・Based・Care)
進めていきたいと思っております。

 

2:メジャーメント・ベイスド・ケア(MBC)の実際

工事中 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733