トップ  > 社会不安障害(SAD)とは

社会不安障害(SAD)とは

あがり症
誰でも、大勢の人前でスピーチをする時、目上の人や権威のある人に説明する時など、何度かは緊張した経験があるでしょう。
この時の緊張は『社会不安』と呼ばれ、特に治療を必要とするものではありません。
 
しかし、もし、緊張不安が強く、あなたがそれを耐え難いと思っている場合、そして、そのせいで日常生活や対人関係に支障が出るような場合、
それは、『社会不安障害 (SAD)』かもしれません。
 
社会不安障害の実態把握調査では「社会不安障害の一般人口における有病率は18.2%であると推定」されています(日本エル・シー・エー調べ 2005)。
これは、
5~6人に1人という、かなり高い割合です。
 
今まで、そのような『あがり症』は “性格の問題” とされてきました。
 
しかし近年、年齢を重ねてもあがり症状が軽減することは少ないこと、
そして、社会不安障害は治療が可能な病気であることが明らかになりました。
社会不安障害に苦しむ方からは、「スピーチがあるので昇進を断った」「進学をあきらめた」「異性に話しかけられないから恋愛が出来ない」などの声もきかれます。
うつ病やパニック障害、アルコール依存症の合併率が高まることも解っています。
社会不安障害がもたらす影響は、人生を左右しかねない、非常に大きなものなのです。
 
人前や生活場面で緊張を感じてしまう方、「これは性格だから」「自分が弱いから」
ではありません。
社会不安障害は治療可能な病気です。

現在社会不安障害の治療はほぼ確率されています。不安や緊張のため、本来のご自分の能力、パフォーマンスが発揮できず、生活の二次障害を感じているなら勇気を出して治療を受け新しい人生を歩むことを強くお勧めします。
 
 

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733