トップ  > 主なアレルギーの病気

主なアレルギーの病気

アレルギーが関係しておこる病気は多く、一時的なかぶれのような簡単なものから、国が指定する難病までさまざまです。
ここでは、現代の多くの人が悩んでいる代表的なものをご紹介します。

 アレルギー性結膜炎  眼の粘膜に炎症をおこし、充血、異物感、痛みなどの症状がでます。
 アレルギー性鼻炎  ホコリ、ダニ、ペット、花粉などが原因でくしゃみ、鼻水、鼻づまりがおこります。
花粉が原因でおこるものを花粉症といいます。
 気管支ぜん息  アレルギーによる発作性の呼吸困難です。
ダニ、カビ、羽毛、花粉などがおもな原因です。
 じんま疹  皮膚や唇に激しいかゆみがおこり、蚊にさされたような発疹ができます。
皮膚が盛り上ることもあります。
 接触性皮膚炎  染料・金属・薬剤などが皮膚に接触して炎症をおこすことです。
漆かぶれや金属負けなどがあります。
 アトピー性皮膚炎  皮膚の乾燥と刺激に弱い人におこり、全身に赤みをおびる、カサカサと白くなる、ポツポツができる、かゆいなどの症状がおこります。

以上のアレルギー疾患はⅠ型アレルギーに含まれます、Ⅰ型アレルギーはIgEが関与することで引き起こされるアレルギーで即時型アレルギーです。

当院では主にⅠ型アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎・気管支喘息(咳喘息)・蕁麻疹・花粉症)の治療に力を入れております。
アレルギー疾患の治療には

  1. 対症療法→抗ヒスタミン剤(内服・点眼・点鼻薬)やステロイト剤(内服・塗り薬)などがあります、基本的に速効性がありますが、あくまでも対症療法としての位置づけです。
  2. 根本療法→アレルギー体質を変えていく治療です。        
  • 非特異的変調療法→ヒスタグロビン療法を行っております。ヒスタグロビンとは人免疫グロブリンに微量のヒスタミンを加えた生物製剤です。これを繰り返し注射することでアレルギー体質を改善していくものです。→当院で行っております。
  • 特異的減感作療法(アレルゲンの皮下注射を繰り返し行うことにより、根本的な体質改善を期待する方法)→当院で行ってません。


アレルギーの病気についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

アレルギーと病気辞典

 

 


【もくじ】
・アレルギーとは
・主なアレルギーの病気
・アレルギーに使われる漢方薬

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733