トップ  > 自分でできるメンタル強化法  > 太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びる

私たちの生活に欠かせない太陽。

太陽光はメンタル強化にとって実に重要な働きをしています。

私たちの脳内には、人間の精神面に大きな影響を与える「セロトニン」 という神経伝達物質があります。


セロトニンには心のバランスを整える役割があり、セロトニンが不足すると、不安や緊張を感じやすくなったり、イライラしたり、憂鬱な気持ちになったりします。

実はこのセロトニン、太陽光で活性化する性質があるのです。
蛍光灯の光では、セロトニンは活性化されません。それは光の明るさ、『照度』が違うから。

蛍光灯の光はせいぜい100~250ルクス、太陽光はその10倍から100倍の照度があります。
セロトニンを活性化させるには、2500ルクス以上の照度が必要といわれています。

最も太陽の光を浴びるのに適した時間は朝です。
なぜなら、上手にメンタル強化をしていくには、副交感神経(体が半覚醒の状態)から交感神経(覚醒状態)に上手にシフトさせることが重要になってくるからです。
朝日を浴び、交感神経のスイッチが上手に入ると、脳や自律神経、筋肉が自然に覚醒し、スムーズな1日がスタートします。
朝といっても、夜明けと同時に起きろというわけではありません。自分が目覚めたタイミングでお日さまを浴びればいいのです。
朝、目がさめたら、部屋のカーテンを開けてお日さまの光を部屋いっぱいに取り込みましょう。

絶対に気持ちがいいはずです。

太陽の光を浴びる時の注意点

■20~30分が目安
それ以上太陽光を浴びると、脳の自己抑制機能が働き、かえってメンタル面を弱らせてしまうことがあります。

■太陽光の強さに注意
1日の中でも、朝と昼では照度がちがいます。
夏と冬、晴れの日と曇りの日でもちがいます。
時間や天候、季節によって浴びる時間を調節してください。
メンタル強化の作用は、お日さまの光を浴び始めて5分程度で始まります。
冬の曇りの日でも、長くて1時間程度で充分です。

■紫外線に注意
1年のうちの70~80%の紫外線は4~9月にそそがれます。
この季節は紫外線対策を行ってから太陽光を浴びましょう。
1日の中では、正午を挟む数時間が最も紫外線の強い時間帯です。
この時間帯の太陽光は避けましょう。
太陽光を浴びるのに一番適した時間帯は朝です。
出来る限り、朝日を浴びるよう心がけましょう。

■“浴び貯め”は出来ません
「昨日浴びれなかったから、今日は倍浴びよう!!」
そんな“浴び貯め”はかえって逆効果。
脳の自己抑制機能が働き、かえってメンタル面が弱ってしまうこともあります。
適度に心地よくコツコツ浴びることが秘訣です。

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733