トップ  > 自分でできるメンタル強化法  > 腹筋呼吸法

腹筋呼吸法

腹筋呼吸法

 

メンタル強化につながる呼吸法は、私たちが通常行っている呼吸とはちょっと違います。

呼吸には、私たちが生きていくのに必要な無意識の『自律性呼吸』と、 腹筋を使って意識的に呼吸する『腹筋呼吸』があります。

メンタル強化につながる呼吸は、後者の腹筋呼吸です。
この呼吸は自然な呼吸法ではないので、私たちが意識して行わなければ滅多にすることはありません。

実はこの腹筋呼吸、太極拳や気孔、座禅などの時に用いられている呼吸法なのです。

1.安定した姿勢になりましょう
立っていても座っていてもかまいません。
背筋を伸ばし、肩の力を抜きます。


2.まず、息を吐きます。腹筋を使って、ゆっくりゆっくり、
肺の中の空気を絞るようにして徹底的に吐き出します。鼻からでも口からでもかまいません。「…もうダメ!!」と思ってから、もう少し吐き出すイメージです。
息を吐くことに集中してください。 


3.息を吐ききった反動を利用して空気を吸い込みます
このときは、鼻から吸い込んでください。
腹筋を緩めて、肺の中に自然に空気が入ってくるのに任せるイメージです。

吸い込むスピードは、息を吐くときの1.5~2倍の速さでよいでしょう。
それでも通常の呼吸に比べたらかなりゆったりとしたペースなはずです。


4.再び腹筋を絞りながら息を吐いていきます息を吐くときは吸うときの1.5~2倍の長さになるようにします。これを5~30分繰り返します。

 
呼吸の目安は1分間に4回程度です。
慣れないうちは無理をせず、自分のペースで行いましょう。



呼吸法のポイント
呼吸していることに意識を集中して行いましょう
雑念が出ている状態と集中している状態では、メンタル強化の度合いが違ってきます。
自分の腹筋にひたすら注意を向けるようにしましょう。

やりすぎに注意
普段から呼吸法をやりなれていない人がいきなり20~30分行うと、かえって腹筋に痛みを感じたり、過呼吸の症状が現れる場合があります。
最初のうちは無理をせず、気持ちいいと感じるところでやめましょう。

息を吐くことに重点を置く
呼吸法の最大のポイントは「吐くこと」にあります。
腹筋を収縮させて息を吐ききることが大切です。
吸気は腹筋の収縮が止むことで自然に起こります。
腹筋を使わず、意識的に呼吸を行わないとメンタル強化につながりません。

 

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733