トップ  > 自分でできるメンタル強化法  > リズム運動

リズム運動

メンタル強化は、ちょっとした運動でもできます。
体を動かして脳を刺激することで、脳の前頭野というところの機能が高まり、
メンタル強化ができるのです。

しかし、メンタル強化を目的とした運動は、ダイエットを目的とした運動とやり方も考え方も違います。
ダイエットを目的とした運動は、脂肪を燃焼させたり、いかに効率よくエネルギーを消費するかという点を重視しますが、 メンタル強化を目的とした運動は、適度に、毎日、少しずつ行うのが特徴です。



















 

※画像をクリックすると該当項目へ移動します 

 




ウォーキング・ジョギン

 



もっとも代表的なメンタル強化運動です。 
メンタル強化のためのウォーキング・ジョギングは「歩く」「走る」ことに集中することがポイントです。
呼吸のリズムを意識して、わざと少し早足で歩くなどの負荷をかけてみてください。
なるべく同じコースを選ぶこともポイントです。

自転車こぎ

これもメンタル強化運動のひとつです。
ペダルが軽すぎると負荷がかからないので、少し早くこいでみたり、ギアを重くするなどしてみましょう。
ジムに通っている方はトレーニングマシンを利用するのもいいと思います。

ただしがんばりすぎは禁物!!「スッキリ爽快」な気分が出てきたらそこでやめるようにしましょう。

水泳

全身の筋肉を使う水泳は、メンタル強化運動と呼吸法が組み合わさったメンタル強化に最適な運動です。

ペースを調節して、少しだけ負荷がかかる程度に泳いでみてください。 
呼吸をするときには、吸うことよりも吐くことに重点を置くのがポイントです。

ダンス

ダンスはメンタル強化運動そのものです。
ただし、比較的動きの緩やかな、あまりステップをうるさく言われないシンプルな踊りのほうが効果が期待できるでしょう。フラダンス、盆踊り、阿波踊りなどがお勧めです。

太鼓叩き・ドラム

数人が輪になって順番に即興で太鼓を叩いていくというドラム・サークルが流行ってきているようです。
楽譜はなく、自由にリズムを刻んだり、1人が叩いたリズムを他の人が真似して叩いたりします。 
ストレスを解消しながらメンタル強化ができる運動と言えるでしょう。 

ガムを噛む

大リーガーが試合中にガムを噛んでいる様子はTVでよく見かけます。
ガムを噛む、ということも、咀嚼という単純なメンタル強化運動です。
ガムを20分噛むと、ストレスに対抗するホルモンの活性化が図られたという実験もあります。
ガムを噛むだけでメンタル強化ができる、もしかしたら一番手身近なメンタル強化の方法かもしれませんね。

笑う・泣く

笑うこと・泣くことは、腹筋を使ったメンタル強化運動です。
笑うときのコツは、顔全体で笑うこと。
声を大きく出して腹筋を意識しながら、最低5分以上続けて笑ってください。
最初はおかしくなくても、笑っているうちにだんだんおかしさがこみ上げてきて、心から笑えてくるはずです。泣くときにも豪快に、号泣するくらいに泣きましょう。

家事

家事はメンタル強化運動の宝庫です。
床の雑巾がけ、窓拭き、掃き掃除など、リズムを意識して行えばなんでもメンタル強化運動に変わります。
鼻唄を歌いながら、動作に集中して。楽しく家事をしながらメンタル強化をしてみましょう。

メンタル強化運動の法則

メンタル強化運動に共通している法則は「リズム」です。
リズムに合わせた運動(リズム運動)=メンタル強化運動なのです。

リズム運動の種類は何でもOK!!

ある一定の筋肉の緊張と弛緩を繰り返す運動ならば、どんなものでもメンタル強化の作用があります。
ただし、あまりコロコロとリズム運動の種類を変えないこと。
あれこれと運動の種類を変えてしまうと、セロトニン神経は活性しません。

時間は5分以上30分程度!!

メンタル強化は運動を始めて5分くらいから効果が出始め、通常20~30分でピークに達します。
ですから、リズム運動は15分以上続けて行うことが効果的です。
リズム運動を始めて20~30分経つと「すっきり爽快感」が訪れるはずです。
それが運動終了の合図だと思ってください。
それ以上長く運動を続けてしまうと脳の自己抑制機能が作動し、かえってメンタル面を弱らせてしまいます。

1日のどの時間帯でもOK!!

やはり一番効果的なのは朝ですが、朝は何かと忙しいもの。
毎日続けられる時間帯に毎日続けられそうなリズム運動を取り入れることが良いでしょう。

簡単にできるもの、慣れているものがベスト!!

例えば、泳げない人がメンタル強化のために水泳を始めたとしたら…。
メンタル強化の前にストレスがたまってしまいます。
今までやったことのある簡単な動きのものを選んだほうが良いでしょう。

負荷は軽く、疲れないように!!

疲労はメンタル強化の大敵です。
スポコン漫画のように気合を入れて運動しても、ここで説明しているメンタル強化にはつながりません。
ポイントは「軽い負荷」であるということ。
疲れすぎない程度に、運動にちょっとした負荷をかけてください。

「ながら運動」にならないこと!!

テレビを見ながら、本や新聞を読みながら、といった「ながら運動」では効果は弱まってしまいます。
メンタル強化のためには、運動以外のことに気持ちを向けないようにすること。
「いま、自分は運動している」ということをしっかり意識してください。

メンタル強化運動のコツ

メンタル強化には、ちょっとしたコツがいります。

メンタル強化運動を行うと、開始から5分程度でメンタル強化の作用が始まります。
運動を20~30分続けて行うことでメンタル強化力は上がっていきます。
一度上がった脳のメンタル強化力は、その日1日の中で上がったり下がったりを繰り返し、夜寝ることによって1日の活動を終了します。
おわかりでしょうか?メンタル強化のトレーニングは「やり貯め」ができないのです。
「今、メンタル面が弱っているから、ちょっと多めにトレーニングしよう」
「昨日サボってしまったら、今日は倍の量やってみよう」
そんなトレーニングのやりすぎは、かえって疲労を生じさせることになり、逆効果です。
大切なのは、毎日継続して続けること。
トレーニングの効果を実感できるのに、3ヶ月はかかります。
ですから、トレーニングは無理なく、楽しみながらすることが大切です。
楽しみながら、毎日少しずつ、気持ちいい程度に、無理なく、無駄なく、自分のペースで…そうすれば、そのうちそれが習慣に変わっていきます。 より良い精神状態は、毎日の生活習慣の中から作られていくのです。

ページトップへ

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733