トップ  > 肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

 肝斑(かんぱん)とは

肝斑(かんぱん)とは、30~40歳代のアジア人女性に多くみられるシミの一種です。

主に、ほほ骨に沿って左右対称に、または、額や口の周辺などに左右対称に現れます。

輪郭がはっきりしない、薄い色でモヤッと広がったように見えるシミが肝斑(かんぱん)です。

「肝」という漢字が使われていますが、肝機能とは無関係です。

肝斑(かんぱん)の特徴

  • 扇形三角形地図状筆で描いたような、鼻の下にヒゲのように見えるシミ
  • 左右対称に出来ている
  • ハッキリした形ではなく、ぼやけた形
  • 30代から40代になって、突然出てきた
  • 妊娠出産するごとに濃くなる
  • 季節によってシミの濃さが変わる
  • 美白ケアをしているのに改善されない
  • ビタミンを補給しても改善されない

 

 肝斑(かんぱん)の原因

原因のひとつとして、女性ホルモンである、黄体ホルモン(プロゲステロン)のバランスが 崩れることが指摘されています。

黄体ホルモンは月経や妊娠をコントロールしたり、血糖値を正常に保ったり、 体脂肪を減らす役割を担うなど、色々なホルモンバランスを調整する役割があります。

また、ストレスも肝斑(かんぱん)の原因と言われています。
シミの元であるメラニン色素メラノサイトという細胞によってつくられます。
メラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて活動しますが、

ストレスによって分泌されるホルモンがメラノサイトを活発すことがわかっています。

また、ストレスだけでなく、睡眠不足不規則な生活もメラノサイトの活動を活発にするホルモンを分泌します。
規則正しい生活を心がけましょう

 当院の肝斑(かんぱん)治療薬と料金

肝斑(かんぱん)の治療薬に健康保険は使えません。

当院では、

肝斑(かんぱん)の改善過程に重要な役割を果たす「トランサミン錠(トラネキサム酸錠)
シミの原因であるメラニン生成を抑える働きを持つ「ビタミンC

を処方しています。

薬剤名 飲み方 処方量 金額
トランサミン錠
(トラネキサム酸)
1日3錠 毎食後 1箱(100錠) 2370円(税・診察代・処方料込み)
シナール(ビタミンC) 1日3包 毎食後 1箱(105包) 2370円(税・診察代・処方料込み)

便利なセット販売も行っております。

トランサミン(トラネキサム酸)とシナール(ビタミンC)のセット(^^♪
各1箱ずつ 4320円
(税・診察代・処方料込み)

           お薬の処方を受ける場合は、
   体の基礎データ異常がない事の確認の為に、原則採血が必要になります。

       まずはお電話でご予約ください。 092-738-8733

 トランサミン錠は、安全性が高く副作用の少ないお薬です。 副作用として、軽い吐き気や食欲不振などの症状が出ることがあります。 その際はすみやかに服用を止め、医師にご相談ください。適切に対処させていただきます。
 また、脳梗塞や心筋梗塞、血栓性静脈炎の診断を受けている方は医師にご相談ください。 シナール(ビタミンC)の副作用はほぼありません。 水溶性ビタミンですので、摂取しすぎても尿として体外に排出されるため安全です。

詳しくはお問い合わせください。


【もくじ】
男性型脱毛症(AGA)
ED
ピル(OC)
にんにく注射
・肝班(かんぱん)

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733