トップ  > メタボリック・シンドロームとは

メタボリック・シンドロームとは

医学的には「内臓脂肪症候群」と呼ばれます。

 メタボリック・シンドロームの定義 日本肥満学会(JASSO)基準:2005年

  • 腹囲が、男性85cm以上女性90cm以上であること

さらに

  • 血圧上130mmHg以上/下85mmHg以上であること
  • 血糖値110mg/dl以上であること
  • 中性脂肪150mg/dl以上HDLコレステロール40mg/dl未満であること

3つのうちの2つ以上に該当すること

腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の場合、内臓脂肪型の肥満と考えられます。

内臓脂肪型の肥満は、食事で摂取した脂質を上手に代謝しにくい、という特徴があり、
肝機能障害高脂血症糖尿病高血圧動脈硬化性疾患などをひきおこしやすく、
肥満の中でも、特に予防すべき肥満と考えられます。

肥満の体形分類と合併症の頻度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタボリックシンドロームについてもっと詳しく知りたい方は、

こちらをご覧ください。

 

メタボリックシンドローム・ネット

 


 

 

【もくじ】
・メタボリックシンドロームとは
・あなたの肥満度チェック
・メタボリック・シンドロームの治療
・生活習慣改善法

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733