トップ  > 睡眠時無呼吸(SAS)の症状とは

睡眠時無呼吸(SAS)の症状とは

睡眠時無呼吸症候群の症状には『睡眠中の症状』と『日中の症状』があります。

 睡眠中の症状

 

 

いびき”から兆候がわかります。

 

 

全ての“いびき”が要注意というわけではありません。要注意の“いびき”を見分けること大切です。

要注意の“いびき”

  • いびきに強弱がある
  • 仰向けになるといびきが大きくなる
  • いびきが朝までずっと続く
  • 最近いびきが急に大きくなり、音も変わった
  • 「ゴーッ ゴーッ ゴッ……フゴーッ」というように、いびきが急に止まったり急に始まったりする

とは言っても、眠っているときの症状を自ら知ることはできません。
寝室を共にするご家族に様子を見てもらうのが良いでしょう。
(無呼吸を伴ういびきは、いびきがしばらく止まり(平均30秒、長いときは2分以上)、その後あえぐような激しい息をして、またいびきで呼吸が再開している様なケースは危険です)

 日中の病状

いびきが途中で止まっている間、その人の呼吸は停止しています。
再開されたときの「フゴーッ」というけたたましい音は、無呼吸状態の息苦しさに耐えられず、再び呼吸を始めたときのもの
このような睡眠を繰り返していると、身体にもさまざまな悪影響を及ぼします。

慢性的な症状に注意が必要です。

こんな症状に要注意!!

  • 寝付きは良いが、熟睡感がない
  • 身体が重く感じられる
  • 寝ても疲れが取れない
  • 夜間によくトイレに起きる
  • 日中によく眠たくなる
  • 勃起不全がある
  • 頭痛(特に起床時に多い)
  • 仕事への集中力や意欲が持続しない
  • イライラしやすい


これらの症状に当てはまる方、とくに「いびき」をかいている方は、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。


【もくじ】
・睡眠時無呼吸(SAS)とは
・睡眠時無呼吸(SAS)の病状とは
・睡眠時無呼吸(SAS)のメカニズム
睡眠時無呼吸(SAS)の検査
・いびき・無呼吸の治療

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733