トップ  > いびき・無呼吸の治療

いびき・無呼吸の治療

いびき・無呼吸は、重症度にあわせて治療さえしっかりすれば、
その成果が目に見えて出る病気です。

むしろ、取り返しのつかないさまざまな合併症が発症する前に治療を受けられてよかったと考えましょう

 
治療法1:減量(ダイエット)食生活の見直し

 

睡眠時無呼吸の方の70~80%は肥満体と言われています。

運動し、食生活を見直すことで無呼吸が減り、症状が消えてしまう場合もあります。

当院では漢方でのダイエット治療を行っております。

お気軽にご相談下さい。

ダイエットに使う漢方薬

 

 

治療法2:マウスピース

 

マウスピースを使って下あごを前方に出し、気道を確保する方法です。(軽症の患者さん向き)

マウスピースは寝る前に口の中に装着するだけで、非常に手軽です。

マウスピースはSASのことに詳しい歯科医師の手で、一人ひとりの歯形を取り噛み合わせを調節して個別に作られます。

睡眠時無呼吸の診断がつけば、健康保険が適用され、1~2万円程度の自己負担で作ることができます。

ご希望の方はご紹介いたします。(紹介状がないと保険適応できません)

SASに詳しい歯科医
 
 

 



治療法3:ナステント
 
ナステントは鼻から挿入し、寝苦しさ、睡眠中の頻繁な覚醒、いびきの原因となる気道の閉塞や狭窄を防ぐ使い捨て鼻腔挿入デバイスです。
ナステントは非常に柔らかい材料で作られており、多くの患者さんが小さな負担で使用できるように設計されています。
ナステントにはサイズがあります。有効に使用していただくために、医師の処方に従い、最適なサイズをお買い求めください。
7回分 4200円+税
処方指示書料 3000円 
使用方法は下記URLの動画にてご確認ください。


https://www.youtube.com/watch?v=korlgT9NLUs



治療法4:C‐PAP療法

 

睡眠時に鼻マスクを装着し、小型の装置から一定の圧力をかけた空気を送ることで気道を広げ、無呼吸を防ぐ方法です。

自宅で継続的に行えます。

ほとんどの方は、最初は少し違和感があるものの、次第に慣れられます。

不具合がある場合は、積極的に再調節します。

C-PAPを使用すると、無呼吸の状態が解消され、スッキリとした寝覚めが経験できます。

劇的な効果を実感できる人も少なくありません。

継続して治療を続ければ、睡眠の質は向上し、身体が軽くなり

高血圧が正常値まで下がる、肥満が改善していくことも期待できます。

なお、規定以上の重症度が確認されれば健康保険を使って機械のレンタルが行えます。

レンタル料は月額およそ5000円です。

消耗部位などの部品も無料で交換することができます。

C-PAP療法はいつまでするものか?と質問がありますが、継続的に使用するものです、いわばメガネの様なものと考えてください。つけていると自然な睡眠が得られます、ダイエットや運動の習慣でC-PAPを卒業する人も中にはいますが質の悪い睡眠(窒息状態)を繰り返しているよりはキチンと酸素を取り入れた睡眠が寿命を延ばしますよ』と伝えています。
 



 

〒 810-0001

福岡市中央区天神1丁目2-12 メットライフ天神ビル4階 (2016年10月1日から天神122ビル→メットライフ天神ビルに変更 2017年10月1日で併記(移行)期間終了)

TEL:092-738-8733